サービス

オンライン家庭教師「e-Live」無料体験!小2娘とぶっちゃけレポート

オンライン家庭教師e-live

オンライン家庭教師「e-Live」の無料体験のぶっちゃけレポートします。

オンラインなので、自宅のパソコンで接続してカメラもONにした状態で行われました。

1時間の無料体験=1時間授業を体験できる

というものではなく、説明会のようなものでした。

ゆき
ゆき
子どもに対してではなく、親である私に対して、教育方法のアドバイスがメインでした。

正直いうと、親であるわたしの反省点が明るみにでた体験でした。

実際にどんな感じで無料体験が進行したのか、この記事ではご紹介しますね。

\公式ホームページはこちら/

【e-Live】


オンライン家庭教師「e-Live」無料体験の流れ

  1. 会社の説明や方針(20分)
  2. 子どもの今の学習状況や相談(20分)
  3. 講師の案内(10分)
  4. 学習問題の体験(10分)
  5. 入会案内・入会受付(20分)←入会をする場合

ざっくりとした流れはこんな感じで、1時間という内容でした。

実際にする勉強の体験時間は10分程度でした。

我が家は2歳、4歳、小2の娘が自宅にいる状態で体験をしたので、話の邪魔をしてきたり、おむつを替えたりと途中で中断もして、想像以上に時間がかかってしまいました。

ゆき
ゆき
さらに入会手続きまで行ったので、トータル1時間45分かかってしまうことに。

それでも娘たちのペースに合わせて、案内を進行してくれたのでありがたかったです。

オンライン家庭教師「e-Live」の無料体験ぶっちゃけ反省レポ

ここからは、実際の体験内容をご紹介します。うちの悩みと現状は下記の通りです。

  • 宿題ができないことで学校に行きたくないと言う
  • 宿題の相手をすることにストレスを抱えている
  • お金の計算に苦戦している(算数)
  • 母子ともに学習に自信をなくしている
  • 勉強が楽しいものだと思えていない

わたしは、宿題の相手を誰かに丸投げしたいという気持ちも抱えていました。

学習方法のポイントの説明

小学1〜2年生の学習の遅れは、学校で見逃されがちで、そのなかでもとくに算数はどんどんついていけなくなる子が多いんだそうです。

できないポイントの部分を、理解できるように手助けをしてあげること。

たとえば、5円と10円が50円だと思うのは、なぜそう思うのか?を紐解きする必要があるということ。

1度理解したらOKじゃなくて、100%理解した状態にしてあげることが必要

90%の理解だと、ミスが出てしまうのだと説明を受けました。

ゆき
ゆき
素人のわたしにとっては、目からウロコな情報でした。

体験の進行を進みながら、「ここまで大丈夫ですか?」と質問できる区切りをつくってくれたので、質問もしやすかったです。

娘が勉強が苦手な理由と原因

学習相談では、なぜ勉強がうまくいっていないのか?という客観的にみた意見をいただきました。

詳細はアメブロに書いています。

オンライン家庭教師の体験をした小2の娘の反応は?

最初から最後まで興味深々で、説明をしてくれているスタッフの方へも指図をしてしまうくらいで恥ずかしかったです。

e-Liveの講師紹介で、先生のプロフィールを見ることができるのですが、いきなり指名していました。

むすめ
むすめ
この先生にする!この先生ならわたし勉強できるようになる!

その後も、その先生以外は嫌だ。と言うことで娘の言うようにまずはさせてみることにしました。

オンラインってどんな感じだった?

オンラインに馴染みのない人はイメージが湧きにくいかもしれませんが、ビデオ通話のようなものです。

わたしは仕事で普段からSkypeを使っているため、オンラインということに抵抗はありませんでした。

娘もそんな私の姿を見ているので、「お母さんと同じようなことできて嬉しい!」といった感じでウキウキしていました。

普段からメディアに触れているお子さんだったら、良い意味で相性がいいのでは?と感じました。

ゆき
ゆき
娘はiPadを使いこなすので、オンライン家庭教師を使いこなしてもらおうと思います。笑

ビデオカメラはONで行う

オンラインで画面共有をした状態で進行するので、もちろんカメラはONです。

カメラがONになる時は、「いまからONにしますね」と心の準備ができるように声をかけてもらえるので安心です。

ゆき
ゆき
わたしはすっぴん部屋着で参加しましたけど。

オンライン家庭教師の体験案内してくれる人は先生ではない

オンライン家庭教師の案内をしてくれたのは、若めの男性でした。

「e-live」の会社の人で、先生と生徒の間に入って組織を回す、いわゆる仲介業者のような人でした。

ゆき
ゆき
「e-live」で働いている人は、オンライン家庭教師の先生の経験者なんだって!

オンライン家庭教師としての教育方法や、組織としての仕組みを理解している人ということは間違いなさそうでした。

娘は「かっこいい!」と言いっていました(笑)

オンライン家庭教師「e-Live」の会社概要

「e-live」は、数あるオンライン家庭教師の中の初代なんですって。

10年以上前から運営されていて、先生はe-liveの卒業生、またはe-liveの卒業生の紹介のみ。

ゆき
ゆき
実際にオンライン家庭教師で学習をしてきた人が、先生になっているというわけなんですね。

先生は400人くらいいて、ランクがS〜Cまでありました。

  • Sランク:東大・京大・医学部
  • Aランク:大阪大学など
  • Bランク:地方の国立大学
  • Cランク:?

所属している先生のほとんどが、SとAランク

実際に会うことができる先生がいいということから、地方の先生を選ばれる方もいるんだそうです。

ゆき
ゆき
つまり、こちらが指名で選ぶなら必然的にSかAランクの先生になるというワケですね。

ちなみに娘が指名した先生は京都大学法学部の、かわいらしいおっとり系の女の先生でした。

オンライン家庭教師「e-Live」無料体験まとめ

オンライン家庭教師の体験を受けて、まずは親が変わらないといけないんだということを改めて体感しました。

てっきり授業が体験できるのかと思っていたので、少し残念な気持ちもありましたが、日頃の宿題の相手をすることへのストレスを話すことができて、すっきりとした気持ちになりました。

わたしは入会することにしましたが、入会しない場合も「今ここで断っていただいても大丈夫です」と断るタイミングも出してくれたので、体験だけしてみたいなと思う人でも気軽にできるんじゃないかなと思いました。

ゆき
ゆき
宿題の相手をすることや、学習方法について悩みがあるなら、無料体験で相談してみてください!

\公式ホームページはこちら/

【e-Live】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です