【パイプカット手術の体験談】当日の流れや感想を記録!

手術日:2020年12月

40代前半の夫がパイプカット手術をしてきました。

パイプカット手術当日の手術内容や体の変化についての記録を残しています。

パイプカット手術を行ったのは、男性専用の美容外科「メンズクリニック」

パイプカット手術と同時に包茎手術も行いましたが、包茎手術の方が痛かったようです。

かかった費用は、パイプカットと包茎手術で506,000円(パイプカットのみで22万円)でした。

今後パイプカット手術をお考えの方の参考になるように、具体的に書いていきますね。

  • パイプカットは精子をなくすもので、今まで通り射精はできます。精液ももちろん出ます。性欲や性感にも影響はないと言われています。

パイプカット手術の体験談

パイプカット手術を受けるのに、夫婦の同意書・同意書・誓約書の合計3枚のサインが必要でした。

パイプカット手術は当日可能!ネット(電話)で予約をして、はじめての来店で手術するという流れ。

前日に、「明日は手術ですが大丈夫ですか?」という確認の電話があります。

手術当日は、手術内容の説明(10〜15分)のあと、最終確認をされます。

「本当にパイプカット手術をしますか?」

先生は、直前でやめてもかまわないですよといった対応。

夫は「辞めるならここには来ていないです」と伝えると、『そうですよね。直前で辞める人は少ないです。』と言われ手術開始となりました。

着たままの服装でズボンとパンツを脱ぎ、靴下は履いたままで大丈夫。局部麻酔で意識がある上での手術でした。

パイプカット手術の具体的な内容は?

パイプカット手術にかかった時間は、麻酔も含めて15〜20分程度。麻酔を打つ場所はタマ左右に1本ずつと、亀頭に1本の合計3本。麻酔を打ってからすぐに手術開始。

夫はお酒を飲まないので麻酔の効きが早く、15〜20秒待ってからの開始でした。

パイプカット手術は左右のタマ(1センチ程度)を切って、精管をレーザーで焼くというもの。切開した幹部は溶ける糸を使って縫うので、手術後の通院は不要。

手術中は先生が紛らわすためにか、積極的に話しかけてくれます。仕事の話や世間話など。

手術が終わったらそのまま寝るなどの時間はなく、すぐに自分でズボンとパンツを履き、椅子に座って消毒方法についての説明を受けます。

薬を処方してもらうので、帰宅後は自分でケアをしていきます。

(溶ける糸は、女性が出産の会陰切開後に使われるものと同じだと思います。)

パイプカットの傷口は、左右ともに1センチほどであまり目立ちません。(包茎手術はカリのぐるりを横に5センチほどで目立つし痛々しい)

手術後はタマが包帯で巻かれた状態で、自分の運転で帰宅しました。

パイプカット手術は痛い?

手術で1番痛かったのは麻酔。

タマに2箇所、亀頭に1箇所、麻酔の痛さは亀頭よりもタマの方が痛みが強かった。

麻酔を打つ時の痛みを10段階でいうと、7〜8。

麻酔を打ったあとに、タマを引っ張っられて手術するけど、麻酔が効いているのにタマを蹴られるような痛みが走った。

手術中の痛みはこのくらいで、無事に終了。

手術後の痛みを10段階でいうと、3〜4。

手術後は激痛を耐えるのではなく、タマを強く握られているような違和感を抱えながら、日常生活を送ることになります。(痛みレベルはずっと3〜4くらい)

手術後は自分の車で運転して帰れるし、日常生活に支障はないけれど、違和感がずっとあるからできるだけ動きたくないという感じ。

パイプカット手術の痛みを例えるなら?

親知らずを抜いたときといい勝負。どちらかといえばパイプカット手術の方が痛くない。

親知らずを抜く方が治療に時間がかかったし、痛い期間も長かった。

パイプカット手術後(当日)はどんな感じ?

  • お風呂・シャワーともに禁止
  • 痛み止めは期待しない方がいい
  • トイレは痛い
  • 普通に歩けるが、服に擦れると痛い
  • あまり動きたくない
  • 食欲もない
  • 1人で寝たい

上記の部分をもう少し深掘りしていきますね。

当日はお風呂もシャワーも禁止

夏に手術するのは不向きかもしれません。夫は翌朝、洗面台で髪の毛だけ洗っていました。

痛み止めは効くのか?

実際に処方された薬

痛み止めの薬を処方してもらえますが、10段階でいう3〜4の痛みの状態から痛み止めの薬を飲むけれど、あまり痛みは変わらず。気持ち程度しか変わらなかったそうです。

トイレは痛いのか?

尿を出すとき痛みがある。10段階でいうと、2〜3くらいの痛み。

当日のみで、翌日以降は尿の痛みはほぼ気にならない程度に。

歩き方は普通に歩ける?

普通に真っ直ぐ歩くことができます。だけど、服に擦れると痛いので気持ち大股、ガニ股のようなり、無意識のうちに擦れないような歩き方になってしまう。

イメージとして、妊娠後期の妊婦さんのようなゆっくりとした歩き方です。

日常生活に支障はある?

車の運転、椅子に座って食事、ゴミ捨て、階段の上り下りなど一般的な日常生活は問題なく送ることができました。

食欲は普段よりも落ちて、おなかいっぱいになりたくない感じ。

だけど、できる限り患部に刺激を与えたくないので、子どもを抱っこしたり、子どもや妻と一緒に寝ることは避けて「そっとしておいてほしい」という状態。

入浴・飲酒が可能になるのは9日後から

パイプカット手術後の妊娠の可能性は?

パイプカット手術を受ける前に、「100%男性避妊を保証するものではない」という項目に同意します。

パイプカット後も妊娠してしまう可能性はあるということを理解して手術を受けましたが、
パイプカット手術後は精液を郵送で所定の場所に送り、精子がなくなっているかどうかを確認してもらうことができます。

精液を郵送する方法

  • 手術から2〜3週間後(包茎手術の場合は4週間後)
  • 精液を30回くらい出す
  • スポイトのようなキットで所定の場所に郵送する
  • 精子が残っている場合、無料で再手術

このように手術がきちんとできているかどうか、確認してもらうことができます。

過去に失敗の事例はないとの説明を受けました。

パイプカット手術後の夫婦生活について

パイプカット手術後の射精行為は2週間禁止

(包茎手術の方が長くて、4週間禁止です。)

精液を郵送し、結果を待つまでの間に夫婦生活を再開する場合、コンドームはつけておくこと。

むやみに勃たせることも禁止

2週間は安静期間なので、朝勃ちは仕方ないとして勃たせることも控えるように説明を受けました。

自分でするのも、興奮するのも禁止というわけです。この期間が痛みよりも辛いかもしれないですね。

パイプカット手術後の生活で気をつける注意点

100%男性避妊を保証するものではないという同意が必要

パイプカット手術には、「パイプカット手術同意書」という夫婦の同意が必要です。

100%男性避妊を保証する物ではないことを理解し承諾します。

美容外科の誘惑に惑わされない

メンズクリニックは美容外科なので、パイプカット以外にも魅力的な手術がたくさんあります。

  • ヒアルロン酸
  • 亀頭増大
  • シリコンボール

など、合わせて手術しませんか?という先生からの誘惑があります。

せっかくなら!と合わせて手術をする人も多いのだとか。

ひとつひとつの手術費用はとても高いので、他にも手術をするのであれば事前に考えていけるといいですよね。

夫はそれで仮性包茎手術も合わせて行うことになりました。

パイプカット手術を高額でも美容外科で行なったワケ

パイプカット手術や包茎手術は美容外科に限らず、「泌尿器科」でも手術が可能です。

泌尿器科だと10万円以下とお手頃な価格で手術ができるものの、高額でも美容外科で手術をする理由が夫にはありました

それは、夫のプライドが高さです。

以前、痔になったときに女の看護師さんに患部を見せるとき、ものすごくプライドが傷ついてしまったのだとか。

被害妄想の部類になるとは思いますが、

女性に下半身の悩み「この人、痔なんだ」「この人、仮性包茎なんだ」そう思われるのが苦痛で仕方がないんだそうです。

看護師さんに限らず、受付の女性の人にも知られることが恥ずかしく、耐えられない夫は

完全個室・男性限定のメンズクリニックで手術をすると決めました。

受付の女性にも、女性看護師さんにも知られることなく見られることなく、メンタル的に安心して手術を受けることができたので、良かったです。

夫がパイプカット手術を受けた美容整形は、メンズライフクリニックです。

【メンズライフクリニック】

パイプカット手術後の夫婦の感想!

妻:

パイプカットは股の手術なので、産後の股の痛みを共有できた気持ちになり、少し嬉しかったです。(会陰切開の方が痛いに決まっていますが)

お風呂に入る時に、子ども(3歳)が患部を見てしまい、口を押さえてびっくりした反応をしていました。

薬を塗ったりお風呂に入ったり、小さい子どもがいると共同生活を行うので、どうしてもバレてしまいます。

夫婦生活を再開し、精液を臭ってみたが手術前と同じ臭いだった。

【パイプカット手術の体験談】翌日以降の記録

パイプカット手術後(翌日以降)の体調の変化についての日記です。

1日後

手術当日の夜は、傷口が気になってなかなか眠りにつけなかったけど、翌日はぐっすり眠ることができた。

手術当日の痛みは、レベルが3〜4だったのが翌日にはレベル2くらいに。

普段通りに出勤し、8時間労働をすることもできた。(普段よりもローペースで)

尿を出す時に違和感があるが、パイプカットではなく包茎手術側の違和感が大きいと思う。

パイプカット手術だけなら、痛みレベルはもっと低いかもしれない。

2日後

タマの痛みはほぼ気にならない程度に。仕事も通常通りできた。

薬を塗ったり、包帯を巻いてテープを貼るときに陰毛にくっついてしまうため、手術前に全部剃っておけばよかった。

3日後

手術3日後にして初めての夫婦でスキンシップ。朝勃ち以外での勃起は禁止なので、朝勃ちのタイミングを狙ってスキンシップをとりました。

ハグ・ソフトタッチ程度。朝勃ちの後、その日の生活に支障はなかった。

4〜5日後

痛みはほとんどないけれど、違和感はある状態。生活に支障はなく、気にならない程度。

夫はもともと性欲が強く、性行為は週1回、出来ないときは自分で週2回程度しています。

手術後の違和感により、性欲はまだ復活していない状態。

6〜7日後

性欲がなかったものの、傷口の痛みがほぼなくなり性欲が復活。

毎日薬を塗って包帯を巻いていたが、フリーダムに。

勃起することを禁止されているにも関わらず、自分の欲求満たしたいがために勃起する行為をする。(局部に刺激を与えないもの)

勃起すると、傷口の縫い目が引っ張られるからか、痛みが復活。

痛みレベル0〜1だったのが、勃起することにより2〜3まで上昇。(キノコもタマも両方とも痛い)

夫は勃起させたことを後悔する。

もともと性欲は強い方で、1週間も我慢できたのがむしろスゴいくらい。

8日後

一週間以上も射精しないなんて、今まで経験したことがなかったからか、朝の勃ち具合がすごいことに。

自然現象ではなく、好意的に勃起させたことが原因なのか、射精をずっとしていないからなのか、痛みがジワリジワリと続いている。

あと3週間も我慢しないといけないのかと、ものすごく辛そう。

9日後

やっと入浴可能な日になる。けど、入浴可能当日から湯船に浸かることを躊躇している夫はまだシャワーのみ。

傷口の縫い糸は薄くなってきた。

朝の目覚めは、朝勃ちの痛さで起こされる感じ。尿を出すと勃ちも痛みもおさまる。

今までは定期的に射精していたからか、朝のギンギン勃ちというのはなかったけど、今は10代のように元気な状態。

パイプカット手術のみなら、マスターベーションが可能になる日だがまだお預け期間。

10〜11日後

射精ができないことが辛いのか、セックスをする夢を見る。(夢精はなし)

朝勃ちの痛みはまだあるが、タマとキノコ両方痛かったけど、タマの痛みはおさまる。

勃起した時にとくに痛いのが、裏筋。つっぱるように痛い。

勃起した時はタマよりも亀頭の方の痛みが強いので、パイプカット手術のみの場合、勃起の痛みは長く続かなさそうな感じ。

性処理ができないため、18禁の漫画を読んでストレス発散している様子。

性欲の強い夫は勃起の痛みを我慢するよりも、18禁を見ることや妻へのスキンシップを禁止される方が辛いそうで、勃起の痛みに耐えている。

12日後〜13日後

湯船にはまだ浸かっていない。タマの方の抜い糸はほぼなくなってきた。

「我慢できない」と妻へのスキンシップが過剰になる。

できる範囲で奉仕しようか?と提案するも、射精ができないから不要だと言われる。

初めてタマの縫い跡を触ってみたが(妻の私が)、ぷっくりとしていてわかる状態だった。

14日後〜16日後

特に変わらない日常を過ごす。

朝の勃起(特に亀頭)の痛みはさほど気にならなくなる。

17日後

初めて湯船に浸かる。子どもたちと久しぶりに一緒にお風呂に入りお互いに喜ぶ。

18日後

パイプカット手術のみなら、射精やセックスが可能な時期だが、包茎手術も行ったので射精が可能になる日は「約1か月後」

できるのはまだ先だが、タマも亀頭も痛みがほぼ気にならない状態になったので、勃起した状態で試しにそっと挿入してみる。

びっくりすることに、亀頭の感覚がない…。全然感じなかった。

数秒だけ挿入してすぐに抜いてその日は終わった。

挿入された側のわたしは、以前と特に変化は感じなかったが、気分的に上がりはしなかった。

20日後

手術後、初めての射精。

まだ早い時期だとはわかっているが、挿入して射精する。挿入時間は3〜5分程度。

夫は射精するタイミングを調整できる人で、もともと早くしようと思えばできる人です。

手術後の初めての射精の感想は、

出る時の勢いが悪い。痛みはない。

※20日を経過すると、痛みはほとんど気にならない程度になるが、完全に元どおりになるには、まだまだ時間がかかりそう。

縫い糸は亀頭のぐるりにまだ残っていて、雑に扱うと痛みはまだある。

21〜24日後

射精をその後、とくに支障はなくいつも通りの日常を過ごす。傷口を触るとまだ痛みがあるが、勃起などでの痛みはほぼない。

25日後

2度目の射精をする。勃起するとまだ痛みがある。行為の時は挿入時は痛いが入れてしまえば問題なく射精できる。

精液の臭いをかいでみたが、手術前と同じ臭い。

30日後

手術から1か月経つが、糸はまだ残っている状態。黒かった糸が白っぽくなり、引っ張ったりすると糸がほどけそう。

糸の縫い目の部分を妻のわたしが小さいハサミでセルフカットしてみた。糸は引っ張らずカットのみ行ったが、カット後の痛みはものすごく和らいだそう。

35日後

パイプカット手術だけなら1か月を超えれば元どおりになりそう。

  • 射精をする時の出も復活
  • 性欲も復活
  • タマの痛みはほぼなし

痛みがあるのは包茎手術の亀頭ぐるりと棒の皮部分のみ。

オナニーを再開するが、まだ痛みがある。舐めるほうもまだ痛みがあり、優しくしているつもりでも、甘噛みされているような感覚なんだとか。

射精は挿入でしかできない状態。

45日後

タマの糸はなくなったが、包茎手術の傷跡の糸はまだ残ったまま。

挿入以外での射精はできないまま。パイプカットではおそらく影響はないが包茎手術をしたことで、感度に影響が出ている。

まだ自分で射精ができない。

55日後

糸は完全に、綺麗になくなる。

まだ自分で射精はできず、口でもできないので挿入のみ。